アクセサリの作成

Appleデバイスで適切に機能するアクセサリを作成するための要件を紹介します。また、Appleデバイス用のアクセサリと連携するためにAppで活用できるテクノロジーについても確認できます。

アクセサリの設計

ケース、カバー、スクリーンプロテクター、Watch用バンド、カメラ用アタッチメント、Bluetoohアクセサリには、Appleデバイスの操作を邪魔することなく、その魅力を引き立たせるような洗練されたデザインが期待されています。Apple製品用のアクセサリを作成する際は、デザインガイドラインに従い、プロトタイプが要件を満たしていることをテストしてください。

アクセサリのテクノロジー

Appleプラットフォームは、Appleデバイスやさまざまなアクセサリとの連携を可能にするサービスを複数提供しています。最新のAppleテクノロジーと業界標準の規格や技術を活用し、ベストな体験を提供するAppとアクセサリの開発方法を紹介します。

HomeKitのアイコン

HomeKit

ユーザーがAppを使って自宅のスマートアクセサリと通信したり、操作したりできるようにしましょう。HomeKitフレームワークを使えば、ユーザーがアクセサリを設定したり、アクセサリを操作するアクションを作成したりできるようにすることができます。またユーザーは、そうしたアクションをグループ化し、Siriを使用して実行することもできます。

HealthKitのアイコン

HealthKit

iOSとwatchOS用のヘルスケア/フィットネスAppにHealthKitを統合することで、よりシームレスなユーザー体験を実現できます。Appへのヘルスケアやアクティビティに関するデータの読み込みと書き込みをユーザーが許可すれば、Appは関連性の高い情報に基づいたヘルスケア/フィットネスソリューションを提供できるようになります。

AirPlayのアイコン

AirPlay

AirPlayを使えば、ユーザーはAppleデバイスからコンテンツをワイヤレスでストリーミングできます。AirPlayに対応するMedia Player APIを使えば、ユーザーはAppleデバイスからコンテンツをApple TV、HomePod、AirPlay対応スピーカーに共有することができ、Appの体験をさらに充実させることができます。

AirPrintのアイコン

AirPrint

ドライバをダウンロードしたりインストールすることなく、写真やドキュメントをAppから簡単にプリントすることができます。AirPrintは、ほとんどの一般的なプリンタモデルに内蔵されており、高品質出力、自動メディア選択、エンタープライズレベルの仕上げオプションなど、さまざまな機能を利用できます。

「探す」のアイコン

「探す」ネットワーク

「探す」ネットワークで、ユーザーが製品を見つけられるようにしましょう。世界中の何億ものAppleデバイス、高度なエンドツーエンドの暗号化、業界最先端のセキュリティを誇る「探す」ネットワークにより、ユーザーはプライバシーが守られているという安心感を持って、「探す」Appでアイテムの場所を簡単に確認できます。

Nearby Interactionのアイコン

U1によるNearby Interaction

U1チップを搭載したAppleデバイスと近接したアクセサリと連携するAppを構築しましょう。UWBテクノロジーを活用すると、より高い精度で方向を認識するAppを生み出すことができます。

iBeaconのアイコン

iBeacon

スポーツイベントでの来場者の歓迎や、近くの美術館の展覧会に関する情報提供など、iBeaconはかつてない位置情報の活用方法を実現し、デバイスとiBeaconハードウェア間のインタラクティブ性により数々の新たな機会をもたらします。

Bluetoothのアイコン

Bluetooth

Bluetooth®ワイヤレステクノロジーをAppやハードウェアアクセサリに統合することで、魅力的で接続性の高いユーザー体験を生み出しましょう。また、Core Bluetoothフレームワークを使えば、幅広く普及しているBluetooth Low Energy (BLE) デバイスと簡単に連携させることができます。

Game Controllerのアイコン

Game Controller

Game Controllerフレームワークは、Xbox Series X|SワイヤレスコントローラやSony PS5 DualSenseワイヤレスコントローラなど、幅広い種類の人気のコントローラに対応しています。ゲームをコントローラに対応させると、iPhone、iPad、Mac、Apple TVで統一感のあるユーザー体験を提供することができます。

CarPlayのアイコン

CarPlay

CarPlayにより、ユーザーはよりスマートかつ安全に、車の中でiPhoneを使うことができます。CarPlay Appでは、オーディオを再生したり、メッセージを送受信したり、経路案内機能を利用したりすることができます。また、近くのサービスを見つけることもできます。自動車のメインディスプレイでCarPlayを使えるようにできるほか、経路情報をメーターに表示させることができます。

今すぐ始めましょう

Appleデバイスと連携するAppの開発と配信、およびアクセサリの製造のために必要なリソースとプログラムを紹介します。

あなたに最も当てはまるものはどれですか?
開発中または扱っている製品に最も当てはまるものはどれですか?
Appに統合する予定のAppleテクノロジーはどれですか?
作成しているケースの種類は何ですか?

MFi Programへの参加をご検討ください。

このプログラムでは、認可されたテクノロジーを利用して、Apple製品に接続する電子アクセサリを開発および製造するために必要な技術仕様、ハードウェアコンポーネント、認定ツール、バッジアートワークを利用できます。

MFi Programについて詳しく(英語)

アクセサリの設計に関する仕様をご確認ください。

アクセサリを設計する場合は、「Appleデバイス用アクセサリのデザインガイドライン」をダウンロードして、Bluetoothテクノロジーの使用、Watch用バンドの作成、ケースの設計などに関する仕様を確認してください。

「Appleデバイス用アクセサリのデザインガイドライン」のダウンロード

MFi Programへの参加をご検討ください。

このプログラムでは、認可されたテクノロジーを利用して、Apple製品に接続する電子アクセサリを開発および製造するために必要な技術仕様、ハードウェアコンポーネント、認定ツール、バッジアートワークを利用できます。

MFi Programについて詳しく(英語)

アクセサリの設計に関する仕様をご確認ください。

アクセサリを設計する場合は、「Appleデバイス用アクセサリのデザインガイドライン」をダウンロードして、Bluetoothテクノロジーの使用、Watch用バンドの作成、ケースの設計などに関する仕様を確認してください。

「Appleデバイス用アクセサリのデザインガイドライン」のダウンロード

MFi Programへの参加をご検討ください。

このプログラムでは、認可されたテクノロジーを利用して、Apple製品に接続する電子アクセサリを開発および製造するために必要な技術仕様、ハードウェアコンポーネント、認定ツール、バッジアートワークを利用できます。

MFi Programについて詳しく(英語)

アクセサリの設計に関する仕様をご確認ください。

アクセサリを設計する場合は、「Appleデバイス用アクセサリのデザインガイドライン」をダウンロードして、Bluetoothテクノロジーの使用、Watch用バンドの作成、ケースの設計などに関する仕様を確認してください。

「Appleデバイス用アクセサリのデザインガイドライン」のダウンロード

HomeKit Accessory Protocolの仕様(非営利目的版)を確認する(英語)

アクセサリの設計

「Appleデバイス用アクセサリのデザインガイドライン」で、Bluetoothテクノロジーの使用、Watch用バンドの作成、ケースの設計などに関する仕様を確認してください。

「Appleデバイス用アクセサリのデザインガイドライン」のダウンロード

HomeKit Accessory Protocolの仕様(非営利目的版)を確認する(英語)

Appの開発

Appleは、教授や学生がデザインとコーディングを始めるために必要なすべてのものを提供します。Macに加え、Swift、Xcode、その他の無料のデベロッパツールを活用すれば、優れたAppを構築するために必要なものがすべて揃います。また、教授陣はDevelop in Swiftの教材を通して、多様な生徒を柔軟にサポートすることができます。

さらに詳しく(英語)

Swift Playgroundsについて詳しく

無料のリソースを活用しましょう。

Appleテクノロジーの技術的なドキュメント、コードサンプル、その他のリソースを参照して、Appやアクセサリに利用できるユニークな機能の活用方法や実装方法を学びましょう。

アクセサリを設計している場合は、「Appleデバイス用アクセサリのデザインガイドライン」をダウンロードして、Watch用バンド、ケース、その他のAppleアクセサリの開発に関する仕様を確認してください。

Appleテクノロジーについてさらに詳しく

「Appleデバイス用アクセサリのデザインガイドライン」のダウンロード

ドキュメントをご活用ください。

Apple Watch用バンドを設計および製造するにあたり、「Appleデバイス用アクセサリのデザインガイドライン」を参照してください。ガイドラインに従って、プロトタイプが要件を満たしていることをテストしてください。

「Appleデバイス用アクセサリのデザインガイドライン」のダウンロード

ドキュメントをご活用ください。

Bluetoothに関するドキュメントを読み、「Appleデバイス用アクセサリのデザインガイドライン」をダウンロードして、Bluetoothテクノロジーの使用に関する仕様を確認してください。ガイドラインに従って、プロトタイプが要件を満たしていることをテストしてください。

Bluetoothについてさらに詳しく(英語)

「Appleデバイス用アクセサリのデザインガイドライン」のダウンロード

MFi Programへの参加をご検討ください。

たとえば、Bluetooth Classic経由でiPod Accessory Protocolを利用するアクセサリや、Bluetooth Low Energy経由でHomeKitを利用するアクセサリなど、特定の種類のBluetoothアクセサリを作成するには、MFi Programのメンバーシップが必要です。

MFi Programについて詳しく(英語)

ドキュメントをご活用ください。

Bluetoothに関するドキュメントを読み、「Appleデバイス用アクセサリのデザインガイドライン」をダウンロードして、Bluetoothテクノロジーの使用に関する仕様を確認してください。ガイドラインに従って、プロトタイプが要件を満たしていることをテストしてください。

Bluetoothについてさらに詳しく(英語)

「Appleデバイス用アクセサリのデザインガイドライン」のダウンロード

アクセサリの設計

「Appleデバイス用アクセサリのデザインガイドライン」をダウンロードし、Bluetoothテクノロジーの使用、Watch用バンドの作成、ケースの設計などに関する仕様を確認してください。

「Appleデバイス用アクセサリのデザインガイドライン」のダウンロード

HomeKit Accessory Protocolの仕様(非営利目的版)を確認する(英語)

Appの開発

有益なリソースを活用して、コーディングのスキルを向上させましょう。Appleのエキスパートとつながって、技術上のガイダンスや設計上のガイダンスを受けることもできます。

さらに詳しく(英語)

ドキュメントをご活用ください。

AirPlay 2に対応しているMedia Player APIを活用すれば、どのAppleデバイスからでもコンテンツをAirPlayまたはApple TV対応のスピーカーにワイヤレスに送信することができます。

AirPlayについて詳しく(英語)

ドキュメントをご活用ください。

AirPrintは、ほとんどの一般的なプリンタモデルに内蔵されており、高品質出力、自動メディア選択、エンタープライズレベルの仕上げオプションなど、さまざまな機能を利用できます。ドライバをダウンロードしたりインストールすることなく、写真やドキュメントをAppから簡単にプリントする方法を確認してください。

AirPrintについて詳しく(英語)

ドキュメントをご活用ください。

CarPlayフレームワークを使っているAppでは、オーディオを再生したり、メッセージを送受信したり、経路案内機能を利用したりすることができます。近くのサービスを見つけることもできます。自動車のメインディスプレイでCarPlayを使えるようにできるほか、経路情報をメーターに表示させることができます。

CarPlayについて詳しく(英語)

ドキュメントをご活用ください。

Game Controllerフレームワークは、Xbox Series X|SワイヤレスコントローラやSony PS5 DualSenseワイヤレスコントローラなど、幅広い種類の人気のコントローラに対応しています。ゲームをコントローラに対応させると、iPhone、iPad、Mac、Apple TVで統一感のあるユーザー体験を提供することができます。

Game Controllerについて詳しく(英語)

ドキュメントをご活用ください。

HomeKitフレームワークで構築されたAppでは、さまざまなメーカーのホームオートメーション用アクセサリの連携および操作ができ、シームレスでユーザー中心のインターフェイスを実現できます。

HomeKitについて詳しく(英語)

ドキュメントをご活用ください。

HealthKitフレームワークは、iPhoneとApple Watch上のヘルスケア/フィットネスデータの中央リポジトリを提供します。ユーザーが許可すれば、AppはHealthKitストアとやり取りし、このデータにアクセスしたり共有することができます。

HealthKitについて詳しく(英語)

ドキュメントをご活用ください。

iBeaconテクノロジーは、Appでの位置情報の活用に大きな可能性をもたらします。iBeaconテクノロジーを搭載したデバイスは、Bluetooth Low Energyを利用して、オブジェクトの周囲に一定のリージョンを定めます。これにより、そのオブジェクトがリージョン内に入ったり、リージョン外に出たりした際、デバイスはそれを検知し、ビーコンとの距離を概算します。

iBeaconについて詳しく(英語)

ドキュメントをご活用ください。

AppにExternal Accessoryフレームワークを使用することで、Apple LightningコネクタまたはBluetooth ClassicでAppleデバイスに接続するMFiアクセサリと通信することができます。必ずアクセサリのデベロッパまたはメーカーと相談して、特定のサードパーティ製AppにMFiアクセサリ(英語)との通信を許可する予定があるか確認してください。

External Accessoryについて詳しく(英語)

ドキュメントをご活用ください。

Nearby Interactionフレームワークは、U1チップを搭載したAppleデバイスと近接したアクセサリと通信するAppを構築するために使用されます。

Nearby Interactionについて詳しく(英語)