新機能

新機能を利用して、App StoreでAppをさらに見つけやすくし、高品質のAppおよびApp内課金の体験を提供しましょう。

サブスクリプション価格の通知

デベロッパが自動更新サブスクリプションの価格を引き上げる場合、Appleは今後予定されている変更やサブスクリプションの管理方法、解約方法(希望する場合)に関して、Eメール、プッシュ通知、App内メッセージを提供してきました。今後は、特定の条件下において事前にユーザーへの通知を行うことで、ユーザーのアクションを必要とすることなく、デベロッパが自動更新サブスクリプションの価格を引き上げることが可能になります。サービスが中断されることもありません。

App Store Connectヘルプでさらに詳しく

サブスクリプションについて詳しく

App Store Connect API

App Store Connect APIを活用することで、ワークフローのカスタマイズや自動化が可能になるため、優れたAppの開発に集中できます。App Store Connect APIにより、App内イベント、カスタムプロダクトページ、プロダクトページの最適化のためのメタデータのアップロードおよび提出を自動化できるようになりました。

App Store Connect APIについて詳しく

最新の提出機能

App Store Connectのすべてのアカウントで、App Storeへの提出機能がアップデートされました。アップデートの内容は以下の通りです。

  • 「マイApp」内の「App Review」ページで、提出の管理やApp Reviewとの連絡を行うことができます。審査中のAppや進行中のやり取りがない場合でも、いつでも「App Review」ページにアクセスできます。
  • 新しいAppバージョンがなくても、App内イベント、カスタムプロダクトページ、プロダクトページの最適化テストなどのアイテムを提出できます。
  • 1回の提出に複数のアイテムを含めることができます。
  • 問題のあるアイテムを提出から削除し、App Reviewが受け入れたアイテムのみを使って審査プロセスを進めることができます。
  • 最新の提出機能を利用して、提出履歴やApp Reviewからのメッセージを確認できます。

最新の提出機能について詳しく

サブスクリプションのためのカスタムオファーコード

App内外でのサブスクリプション登録者の獲得、維持、再登録の促進が、これまで以上に簡単になりました。1回限りのコードに加え、自動更新サブスクリプションのためのカスタムコードをApp Store Connectで作成できます。各コードには、固有の名前(例:「SPRINGPROMO」)を付けることができます。各コードは、ダイレクトURLを通して、またはApp内で(iOS 14.2およびiPadOS 14.2以降の場合)利用できます。

オファーコードについて詳しく

ビデオを見る

App Storeのプロダクトページ

App Store Connectのプロダクトページ向け新機能を使うと、App Storeでさらに多くのユーザーにリーチすることができます。

カスタムプロダクトページ

特定の機能やコンテンツをハイライトしたAppのプロダクトページの追加バージョンを作成し、各ページ固有のURLを共有してユーザーに見つけてもらうことができます。カスタムプロダクトページでは、異なるスクリーンショット、Appプレビュー、およびプロモーション用テキストを掲載でき、すべてローカライズ可能です。特定のスポーツやキャラクター、番組、ゲームプレイ機能などに焦点を当てて紹介することができます。

iOS 15またはiPadOS 15以上が必要です。

カスタムプロダクトページについて詳しく

ビデオを見る

プロダクトページの最適化

Appのプロダクトページの別バージョンを作成し、異なるアイコンやスクリーンショット、Appプレビューを比較することで、よりパフォーマンスの高いものを採用することができます。各バージョンはランダムに選択されたApp Storeの一定の割合の対象ユーザーに表示され、バージョンごとの結果をAppアナリティクスで確認できます。これにより、パフォーマンスが最も高かったバージョンをApp Storeの全ユーザー向けに表示できます。

iOS 15またはiPadOS 15以上が必要です。

プロダクトページの最適化について詳しく

ビデオを見る

App内イベント

App内イベントとは、ゲームの対戦や新作映画の初公開、ライブストリーミング体験など、Appやゲーム内で行われるタイムリーなイベントです。ユーザーはApp Storeで直接App内イベントを見つけることができます。これにより、デベロッパはまったく新しい方法でより広範囲にイベントを紹介することができます。イベントは、「Today」、「ゲーム」、「App」の各タブにあるパーソナライズされたおすすめやエディターのおすすめ、検索結果のほか、Appのプロダクトページで見つけることができます。App Store Connectで簡単にイベントを管理し、Appアナリティクスでイベントのパフォーマンスに関するインサイトを得ることができます。

iOS 15またはiPadOS 15以上が必要です。

App内イベントについて詳しく

ビデオを見る

MacでのTestFlight

Mac向けAppをMac App Storeで公開する前に内部および外部のテスターをテストに招待し、フィードバックを受けることができます。どのAppleプラットフォームのAppをテストする場合でも、内部テスターのグループを複数作成して、各グループ向けに個別のビルドアクセスを設定できます。また、Xcode Cloudで構築したAppの内部テスターは、ビルドグループに応じたビルドを選択できます。

TestFlightについてさらに詳しく

ビデオを見る

StoreKit 2

StoreKit 2は、Swiftにパワフルな新しいAPIを導入します。このAPIにより、App内課金やサブスクリプションへの対応がこれまで以上に簡単になります。StoreKit 2は、Swiftの並行処理とJSON Web Signatureを使用して、プロダクト情報の取得とトランザクションの処理を簡素化します。新しいAPIを使うことで、プロダクトエンタイトルメントを簡単に決定し、AppでのApp内課金の全トランザクション履歴をすばやく取得できるほか、1回のチェックでサブスクリプションの最新ステータスを確認できます。また、ユーザーが返金をリクエストしたり、App内でサブスクリプションを管理したりできるようになり、よりシームレスなApp内課金のサポートが提供できるようになります。StoreKit 2を活用し、XcodeおよびApp Store Sandbox環境でのテストをすぐに開始できます。

iOS 15、iPadOS 15、macOS 12、tvOS 15、watchOS 8以上が必要です。

StoreKit 2について詳しく

ビデオを見る

App StoreサーバAPI

新しいApp StoreサーバAPIを使うと、App内課金に関する問題について、より迅速にユーザーをサポートし、問題を解決できます。

  • App内課金の履歴:AppでのApp内課金のトランザクション履歴を取得できます。
  • サブスクリプションステータス:サブスクリプションが、有効、期限切れ、請求の再試行、請求の猶予期間のどのステータスにあるかを判断できます。
  • 利用ステータスに関する情報:ユーザーから返金のリクエストを受けた場合、ユーザーのApp内課金に関する情報をAppleに送信し、プロセス改善を図ることができます。
  • サブスクリプション更新日の延長:サーバ停止やライブイベントのキャンセルなど、サービスやコンテンツ配信で問題が発生した場合は、ユーザーのサブスクリプション更新日を最長90日間延長できます。
  • 注文番号の検索:カスタマーサポートを提供する際、Appleが送信した請求書の注文番号を使って、ユーザーのApp内課金を確認できます。
  • 返金の検索:過去のApp内課金の購入に対してユーザーが返金を受領済みかどうかを確認できます。

App StoreサーバAPIについて詳しく

ビデオを見る

App Storeのサーバ通知

App Storeのサーバ通知は、App内課金に関するアップデートをリアルタイムで通知するため、カスタマイズされた体験をユーザーに提供できます。新しい通知タイプは、サブスクリプションの有効期限、オファーの利用、返金など、さらに多くのユーザーイベントに対応します。また、オプションとしてプロダクション環境とは別のURLを入力し、App Store Sandbox環境でサーバ通知を受信することもできます。

App Storeのサーバ通知について詳しく

ビデオを見る

Appアナリティクス

App Store ConnectのAppアナリティクスでは、ビジネスの管理と成長を支援する新しいデータセットを確認できるようになりました。

App Storeの新機能

AppアナリティクスでApp内イベントに関する重要なメトリックスを確認し、カスタムプロダクトページとプロダクトページの最適化も活用して、App StoreでのAppのプレゼンスを最適化しましょう。

新しいメトリックス

再ダウンロード数、合計ダウンロード数、収益データ、購入ユーザー1人あたりの平均収益、予約注文数、アップデート数といった新しいメトリックスにより、全体的なパフォーマンスの測定がより効果的に行えます。各メトリックスは、テリトリ、デバイス、ソースタイプ別で絞り込め、Appの成功と成長に貢献する要素を特定しやすくなります。

ただし利用されるデータには、診断および使用状況の情報をAppデベロッパと共有することに同意したユーザーのデータのみが含まれます。iOS、iPadOS、macOS、tvOSのAppで利用できます。

Appアナリティクスについてさらに詳しく

Game Center

Appleのソーシャルゲームネットワーク、Game Centerを活用して、より楽しく、つながりが広がるゲームを提供しましょう。

Friends API

Friends APIを使うと、AppはプレイヤーのGame Centerの友達リストへのアクセスをリクエストし、友達リストの情報をゲームで活用することができます。プレイヤーが一緒にミッションに挑戦したり、スコアを比べたり、友達の場所を進捗マップで確認したりすることもできます。

Game Centerウィジェット

Appに対してGame Centerを有効にすると、新しいGame Centerウィジェットと、App Storeの追加のおすすめゲーム内にAppが表示されるようになります。

友達がプレイしているゲーム:プレイヤーはGame Centerの友達がどのゲームをプレイしているかを確認でき、ホーム画面で直接新しいゲームを見つけることができます。

プレイの継続:プレイヤーはデバイス間で最近プレイしたゲームも表示できるため、別のデバイスで中断したところからゲームを再開できます。

Friends API:iOS 14.5、iPadOS 14.5、macOS 12、tvOS 14.5以上が必要です。
Game Centerウィジェット:iOS 15またはiPadOS 15以上が必要です。

Game Centerについてさらに詳しく

ビデオを見る

App Attest API

DeviceCheckサービスの一部であるApp Attest APIを使用すると、デバイスで特殊な暗号鍵を生成し、サーバが機密性の高いデータへのアクセスを許可する前に、Appの健全性を検証できるため、Appをセキュリティの脅威から保護できます。このAPIをtvOS 15以降のAppおよびiOS 15以降のApp Clipで利用できるようになったため、さらに多くのプラットフォームでサービスの不正使用を防ぐことができます。

iOS 14、iPadOS 14、tvOS 15以上が必要です。

App Attest APIについて詳しく

App Storeウィジェット

この新しいウィジェットでは、デベロッパ、App、App内イベントをフィーチャーしたストーリーとコレクションを、ホーム画面の「Today」タブから直接紹介します。

iOS 15またはiPadOS 15以上が必要です。