デベロッパ向けCarPlay

車内でよりスマートかつ安全にiPhoneを使用できるCarPlayでは、経路案内、電話、メッセージの送受信、音楽の再生を、運転に集中しながら車載ディスプレイ上で実行できます。

CarPlay対応Appの開発

CarPlay App向けに、車内でiPhoneをよりスマートで安全に使用する方法を実現するためのテンプレートやツールが用意されています。オーディオAppでは、音楽、ニュース、Podcastなどを楽しめます。SiriKitに対応するメッセージAppや通話Appをアップデートすることで、CarPlayで表示させることが可能です。またナビゲーションAppでは、詳細な地図と経路案内を提供できます。EV充電、駐車場、食事のクイック注文などのカテゴリのAppを使用すると、ユーザーはCarPlayで重要な作業を行えるようになります。自動車メーカーが開発したAppも利用できるので、CarPlayから離れることなく、車の機能をさらに幅広くコントロールできます。

iOS 16の新機能

運転タスクAppは、運転に関する主要な作業をサポートします。EV充電Appが統合された給油Appは、給油と充電を管理してスムーズなドライブを可能にします。ナビゲーションAppでは、ドライバーの正面にあるメーターパネルなど、2つ目の場所に地図や詳細な経路案内を表示させることができるようになりました。

CarPlayシミュレータ

新しいCarPlayシミュレータでは、CarPlay環境を完全に再現できるため、デスクを離れることなくMac上でCarPlay対応Appを開発できます。ケーブルを使用してiPhoneをMacに接続するだけで、CarPlay対応Appの開発を開始できます。CarPlayシミュレータは、Xcode用の追加ツールに用意されています。

Xcode用の追加ツールをダウンロードする

更新されたガイドとドキュメント

CarPlay Appプログラミングガイドは、あらゆるCarPlay対応Appの開発の開始点となります。本ガイドには重要な指示やガイドラインが記載され、CarPlay対応Appの開発に必要なテンプレートも紹介されています。また、最新のフレームワークに関するドキュメントも更新されています。

WWDC22セッション

CarPlayでAppの利用を増やそう

CarPlayシステムの開発

車載システムをアップデートし、CarPlayの最新機能に対応させる方法を紹介します。計器類、不規則な形のディスプレイ、動的に変化する画面サイズなどに対応する、セカンドスクリーンの追加も可能です。「Hey Siri」によるハンズフリーの音声アクティベーションへの対応についても説明します。CarPlayシステムに関心がある場合は、MFi Programの詳細もご確認ください。

CarPlayシステムの最新情報

ワイヤレスCarPlayシステムの開発

CarPlayシステムの開発(パート1)

CarPlayシステムの開発(パート2)

車のキー

デジタル式の車のキーを使用しているユーザーは、iPhoneやApple Watchを使用してドアの開錠やエンジンの始動を行うことができます。これは、車載システムのアップデートによって可能になります。

詳細については、Appleまでお問い合わせください

ウォレットに車のキーが表示されているiPhone 12 Pro