Appleマップのパワーを解放

道順を調べたり、世界のいろいろな場所に出かけたいなら、Appleマップを使いましょう。MapKitを使えば、プライバシーを守りながら、世界で最も詳しいAppleマップの都市体験をAppやWebサイトに導入することができます。また、新しいMaps Server APIを使って、すべてのプラットフォームでより機能性に優れた体験を作り出すことができます。

MapKit

MapKitを使ってAppに位置情報を取り入れることができます。Appのウインドウやビューに直接Appleマップを読み込み、注釈やオーバーレイを追加して見どころを目立たせることができるほか、ユーザーが目的地を検索しやすいように、テキスト補完を加えることもできます。

ドキュメントを見る

iPhoneにAppleマップが3D表示されている

ジオコーディング

人間が判読可能な住所を地理座標に変換します。逆の変換も可能です。

Look Around

インタラクティブなパノラマでストリートビューを提供します。

注釈

特定の場所をカスタマイズした注釈で目立たせたり、わかりやすい説明を追加したり、複数の場所をまとめたりすることができます。

オーバーレイ

地図上の区域や経路をハイライトするオーバーレイやブレンドモードを追加できます。

検索

付近にある関連の高い場所を検索したり、ユーザーの検索条件に基づいて自動検索補完を提供したりできます。

選択可能なマップ機能

見どころや検索結果をフィルタして、場所に関する詳細を提供することで、ユーザーに関連性の高い地図を表示できます。

経路

ユーザーが入力した開始地点と終了地点に基づき、経路と移動時間を表示できます。

MapKit JS

MapKit JSを使うと、あらゆるプラットフォーム上、およびiOSとAndroidを含むオペレーティングシステム上のWebサイトにインタラクティブな地図を直接埋め込むことができます。AppでのMapKitと同様に、地図に注釈やオーバーレイを追加して、見どころやユーザーの目的地を目立たせることができます。

ドキュメントを見る

サンプルコードを見る

新しいMaps Server API

ジオコーディング、検索、到着予定時刻など、Appleマップのさまざまな機能を活用してすべてのプラットフォームで効率性を高めましょう。新しいMaps Server APIはRESTの原則を使用して、パフォーマンスの向上、データ使用量の削減、バッテリー持続時間の改善を実現します。

さらに詳しく

リソース

AppleマップをAppやWebサイトに統合するためのツール、ドキュメント、リソースを確認しましょう。

さらに詳しく