AppやWebサイトへのサインインを、迅速かつ簡単に

Appleでサインインを利用すれば、Apple IDでAppやWebサイトに簡単にサインインすることができます。ユーザーはAppleでサインインを利用してアカウントを設定できるため、Appをすぐに利用できます。フォームに入力したり、メールアドレスを確認したり、新しいパスワードを作成する必要はありません。アカウントはすべて、2ファクタ認証による優れたセキュリティで保護されます。AppやWebサイトでのユーザーの行動をAppleがトラッキングすることはありません。

MacBook Pro、iPad、iPhone、Apple Watchにそれぞれ異なるAppが表示されており、いずれもAppleでサインインのプロンプトが表示されている

プライバシーへの配慮

Appleでサインインは、プライバシーに関する安心をユーザーに届けるために、ゼロから構築されました。収集されるデータはユーザーの名前とメールアドレスに限られます。ユーザーは自分のアドレスを隠してプライバシーを保ちたい場合、Appleのプライベートメールリレーサービスを介してEメールを受け取ることができます。ユーザーがApp上で行う操作をAppleがトラッキングすることはありません。

ビルトインセキュリティ

Appleでサインインを利用するアカウントは、すべて2ファクタ認証で自動的に保護されます。Appleデバイスでは、ユーザーは常にサインインしている状態となり、Face IDまたはTouch IDでいつでも再認証することができます。

どこでも利用可能

Appleでサインインは、iOS、iPadOS、macOS、tvOS、watchOSで機能します。また、どのブラウザでも機能するため、Webサイトや、他のプラットフォームで動作するバージョンのAppに導入することもできます。

詐欺の防止

Appleでサインインは、デベロッパがAppの新規ユーザーの信頼性を確認しやすいデザインになっています。オンデバイスの機械学習やその他の情報を使用して、プライバシーに配慮した新しいシグナルが提供されます。これにより、新規ユーザーが実在の人物か、それともさらに確認が必要なアカウントなのかを判断することができます。

Sign in with Apple at Work & School(勤務先と学校でのAppleでサインイン)

ユーザーが勤務先と学校にいるときに、信頼できる、シームレスで安全な認証体験を提供します。Sign in with Apple at Work & School(勤務先と学校でのAppleでサインイン)は、Appleでサインインに対応する、iOS 16、iPadOS 16、macOS 13向けのすべてのAppで機能します。

ビデオを見る

今すぐ始める

AppやWebサイトでAppleでサインインを利用するためのプランニング、実装、テストについて確認しましょう。

さらに詳しく