本人確認または法人情報の確認

デベロッパやユーザーの安全性を高めるため、Apple Developer Program、Apple Developer Enterprise Program、iOS Developer University Programに登録いただく際に、申請者の本人確認、または申請者の組織の法人情報の確認を行います。本人確認または法人情報の確認は、Account Holder(アカウントホルダー)の譲渡など、その他のプロセスでも必要になります。

個人

Apple Developer Programに登録するには、申請者の本人確認が必要となります。申請者は正式な名前、電話番号、住所を提示する必要があります。姓、名のいずれの欄にも、別名、ニックネーム、企業名などを入力しないでください。不正確な名前を入力すると、登録の処理が遅れる場合があります。私書箱はご利用いただけません。場合によっては、政府機関発行のID番号や写真付き本人確認書類の画像の提出が必要になります。また、追加の確認書類や代替となる書類が必要になる場合もあります。

世界各地のデベロッパは、Apple Developer Appを通じて、iPhoneまたはiPadから登録や本人確認を行うことができます。中国本土を拠点としているAccount Holderの場合、また、一部の地域を拠点としているデベロッパがAccount Holderの役割の譲渡を受けようとする場合、本人確認が必要となります。Apple Developer App以外の方法で本人確認を行う場合は、サポートにお問い合わせください。

組織

Apple Developer Programに登録する組織の法人情報を確認するプロセスは、いくつかの要素で構成されています。例としては、D‑U‑N‑S番号や法的権限の確認などがあります。組織として申請するには、当該法人に関連付けられているD-U-N-S番号の提示が求められます。また、申請者が所有者または創設者ではない場合は、当該組織をプログラムに登録し、法的な契約を結ぶ権限を有していることを証明するため、照会者の情報を提示する必要があります。

Apple Developer Enterprise ProgramおよびiOS Developer University Programでは、それぞれ法人情報の確認手続きが個別に必要となります。プログラムに登録するには、Apple Developer Programのメンバーシップに関連付けられていないApple IDを新しく設定する必要があります。

組織に関する書類の提出が求められることがあります。その際、それらの書類は、原本の真正な謄本であることを証明するための公証を受ける必要があります。書類の公証は、地域に応じて市役所、行政書士、公証役場などで受けることができます。

プライバシー

Appleは個人情報のセキュリティとプライバシーを重視しています。そのためAppleでは、デベロッパがAppleのプラットフォームで成功するために必要なデータ、そして安全なユーザー体験を提供するために必要なデータのみを収集するよう努めています。

個人データの管理方法についてさらに詳しく