Xcode 13

Xcode 13に、チームで開発するためのパワフルな新機能が加わりました。これらの新機能は、Xcode Cloudや、GitHub、Bitbucket、GitLabでの共同作業機能に最適です。Xcode内でプルリクエストの作成、レビュー、コメント、マージを直接行うことができるほか、コード上でチームメンバーのコメントを直接確認することもできます。また、2つのバージョンのコードファイルをすばやく比較することも可能です。

設定は簡単

プルリクエストをXcode内で直接管理するための完全なワークフローを活用しましょう。新しいリクエストを作成したり、レビュー待ちのプルリクエストの一覧を確認したりできるほか、ローカルやXcode Cloudで生成された結果をすばやく確認、ビルド、テストすることができます。

チームによるコメントのインライン表示

レビューの際にチームメンバーがコードに付けたコメントは、コードエディタ内にインラインで表示され、レビュー担当者の名前とアバターも表示されます。

簡単なバージョン比較

2つのバージョンのソースコードを任意のエディタで表示できるので、現在作業中のソースコードを参照しながら比較することができます。

クラウド署名

Appleがホストするサービスでは、デベロッパのすべての証明書が管理されており、このサービスによってAppにコード署名が行われるため、App Storeへの提出がより簡単で信頼性が高いものになります。Apple IDでXcodeにサインインするだけで、Macにはメンバーシップの役割と権限に基づいた開発および導入の設定が適用されます。

下部のバー

常時表示される下部のバーには、行や列などの役立つ情報が表示されるほか、異なるバージョンのコードを比較するビューを直接開くことができます。

Vimモード

Vimユーザーが頻繁に使用するショートカットキーや編集モードの多くをコードエディタ内で直接利用できます。新しい下部のバーには使用中のモードが表示されます。

CarPlayシミュレータ

Mac用の新しいCarPlayシミュレータでは、画面サイズ、解像度、変数入力方法を自在にコントロールできるので、さまざまな車のプラットフォーム上でCarPlay体験をテストすることができます。

瞬時に表示されるクラッシュレポートフィードバック

TestFlightユーザーからのクラッシュレポートはユーザーのフィードバックとともにXcode Organizerにわずか数分で表示されるので、テスターはクラッシュの発生時に何が起こったのかを正確に伝えることができます。クラッシュログはインラインで表示され、ワンクリックするだけで該当するコードに移動できます。

ドキュメントのカスタマイズ

Swiftフレームワークやパッケージに関するドキュメントを、ソースコードのドキュメントコメントから直接作成し、XcodeのQuick Helpや専用のドキュメントビューアで表示できます。ドキュメントコメントには、Markdown形式で記述した拡張ファイル、リソース、チュートリアルなどを追加することができ、コンパイルされたDocC Archiveを他のデベロッパと共有したり、自分のWebサイトでホストしたりすることができます。

Xcode Cloudベータ版

Xcode Cloudは、Xcodeに組み込まれた継続的インテグレーションおよび配信サービスで、Appleデベロッパのために設計されたものです。ベータ版の利用をリクエストしましょう。お使いのアカウントで利用可能になり次第、Eメールでご案内します。

登録する

さらに詳しく

利用の開始

Xcodeをダウンロードし、以下のリソースを活用してすべてのAppleプラットフォーム向けにAppを構築しましょう。

Xcodeをダウンロードする(英語)